(No.17) ばけくらべ

 

 昔、昔、山のふもとに『ごんべい』というたぬきと、『おはな』というきつねが住んでいました。ある日のこと… ごんべい「やあ、これはこれはおはなどん。ひとつおいらと、ばけくらべをしないかい」 おはな「それなら明日、お宮の境内に来てちょうだい。でも、勝つのは私よ、おほほほほ」 ごんべい「ふん、生意気なきつねだ」 さあ次の日、きつねは「エイ!」と呪文を唱えると、たちまち若い娘に変身しました。なかなかの美人です。  お嫁さんに化けたおはながお宮の前までやって来ると… おはな「あっ、おいしそうなおまんじゅう!」(あまりおまんじゅうがおいしそうなので、おはなは思わずつばをごくりと飲みこみました。) 「誰も見ていないし…。ようし、今だわ。いただきまーす!」 おはな「あーっ、あんたはごんべい!」 ごんべい「やーい、まんまとだまされたな、おはなどん」 (おまんじゅうは、ごんべいが化けていたのです。) おはな「よくもだましてくれたわね、ごんべい」 ごんべい「わっはっは、食いしん坊なきつねめ。この化けくらべはおいらの勝ち!」 おはな「もう、くやしいー。」  恥ずかしくなったきつねの『おはな』は、しっぽをしまうのも忘れて逃げ出しましたとさ。 * * * 「心に満ちていることを口は話すのです。良い人は良い倉から良い物を取り出し、 悪い人は、悪い倉から悪い物を取り出します。」と言われているとおりです。どんなに立派な人のようにふるまっていても、いざという時には、きつねの『おはな』のように本性が出てしまいます。芝居は所詮芝居です。 『ごんべい』や『おはな』のように、ばけくらべをしながら一生を終える人も多いでしょう。しかし、内側が変われば外側もおのずと変わります。自分の生き方が根本的に変われば、芝居の人生はもう必要なくなるのです。

ホーム

バックナンバー

  1. スーパーマンの命を救った女性
  2. おい、本が逆さまだ!
  3. 「ハウス」と「ホーム」
  4. 客を呼ぶエビ
  5. 強要と共鳴
  6. 低い評価
  7. 願いがかなえば…
  8. 「ために」から「ともに」
  9. 「お金持ちのお嫁さん!」
  10. 違うからすばらしい
  11. 子はカスガイ?
  12. 差別と区別
  13. 火事場の馬鹿力
  14. 本物に触れる
  15. 目標を持つ人の魅力
  16. 二枚の皿